7,000円(税抜)以上お買い上げで送料無料

 

ヴィンテージウェアブランド「caqu」

えふり堂がご紹介するセレクトブランド
第二回目は「Caqu」さんをご紹介します

 

 

2006年、caquはたった2つのデニムでデビューしました。
以来、ヴィンテージに忠実なもの、社会貢献できるもの、りんごと同じ重さのジーンズなど、コンセプトにとらわれず、本当にいいと思えるウェアを追求しています。
In 2006 caqu debuted with only two jeans.
Since then we are always pursuing jeans that we believe is really good, something that is faithful to vintage, something that we can contribute to society.

  ☑About caqu 

Ⅰ、タンデムについて

サキュウの前に、まずは運営するタンデム社を知って下さい。

 

 

タンデムの会社概要は画像をクリックしてください。

タンデムは国内生産のOEM会社として2001年に設立されました。

OEMとは、例えばあなたが作りたいデザインがあるとします。
でも、あなた自身ではパターン(型紙)も生地も工場もアテがないとすれば、

専門家のサポートに頼ることになります。 
その専門家がOEM会社で、もの作りに関するあらゆる分野に精通しています。
特に洗い加工が必須のデニム製品は、新品を壊すという特殊な製品。

ジーンズと他の衣料品の作り方は「床屋と美容室」のようなもので、似て非なるもの。
ジーンズ作りには特別なノウハウが必要で、
規模の大小に関わらず多くのブランドがOEM会社を利用しています。 
私たちは、世界的なブランドや大手アパレル・商社のOEMを受託し、厳しい品質基準をクリアするもの作り専門の企業です。 

Ⅱ、サキュウについて 

サキュウは、タンデムの高い技術と経験、
OEM会社の中間マージンを省いた、価値あるブランドです。

漢字で「砂空」と書くサキュウは、
2006年にデビューしました。
洗いを象徴するストーンウォッシュで砕けた「砂」、インディゴブルーの「空」に由来します。
デザイナーはタンデム代表のツルマルナオキ。

大手ジーンズメーカーのデザイン部門に11年在籍して、入社1年目は工場に住み込んで、ミシンの修理ができるほどの経験を積みました。
ツルマルはデザインだけでなく、自ら店頭に立ち、パターンメイキングし、工場管理、縫製指導まで行う、もの作りのスペシャリストです。

☑サキュウのコンセプトは「白ごはん」

私たちがメニュー選びに悩むのは常におかずの方です。
同じおかずが2回続くのは抵抗があるのに、
ごはんは何回続いても当たり前に食べています。
それに、ごはんがおいしければおいしいほど食事が進むもの。

ジーンズ本来の役割とは、そんな白ごはんと同じだと思うのです。
同じトップスは2日連続じゃイヤなのに、ジーンズは毎日穿いても抵抗がない。
コーデ(おかず)を選ばないし、いいジーンズはさりげなく全体を引き立ててくれる。

私たちが考える本当にいいジーンズとは、おいしい白ごはんのようなもの。
それをOEM会社のタンデムが作れば、生産直売のしっかり手間ひまかけた、おいしいジーンズが炊き上がるはずです。

☑最初のサキュウ

サキュウがデビューした2006年当時は、何万円もする派手なインポートジーンズが大ブームでした。 
股上が超浅く、美脚美尻のブーツカット、刺繍やラインストーンがてんこもり。
今では考えられないことですが、
この頃プレーンな5ポケットは店頭から消滅の危機にありました。
それほどデザイン性の強いセレブなブーツカットは市場を席巻していたのです。

でも、私たちが作りたいのは、まっさらな白ごはんのようなジーンズ。

流行には完全に逆行するけれど、
職人技を詰め込んだ「本当にいいジーンズ」を作りたい。
わかる人だけ買ってくれればいい。という思いで、ヴィンテージをベースにした赤耳の普通のストレートとボーイフレンドの2アイテムからスタートしました。

☑最初に見つけたのは、モデルやスタイリスト

スタート当初は、案の定 鳴かず飛ばずでしたが、
最初に目をつけてくれたのは、雑誌LEEのスタイリストでした。

無数のジーンズを見てきた彼女を魅了したのは、見た目はヴィンテージそのものなのに、
ヴィンテージにはない女性的で美しいシルエット。

きっと、デザイン性の強い油っこい料理ばかりで食傷気味だったところに、
さらっとお茶漬けが出てきたように感じたのかもしれません。(笑)

彼女が個人買いしたそれを穿いて撮影現場に行った途端、
モデルさん達に「それどこの?」となって、次々にモデルさん達が個人買いしてくれ、それが口コミで編集部にまで拡がったのです。 そうして、2008年1月号のLEEに特集記事を掲載された途端、
電話が鳴り止まず、サキュウが全国区になるきっかけを作ってくれました。

あれから10数年が経ち、セレブなブーツカットは消滅して5ポケットが主流になり、
ヴィンテージなレディスジーンズもすいぶん増えて、市場は一変しました。
デビューの時、自分の信念に従わずに流行に流されていたらと思うと、正直ゾッとします。

現在のサキュウはヴィンテージ以外のアイテムが拡がって少しわかりにくいですが、
根底に流れるのは変わらず、「本当にいいジーンズを作る」こと。

アフリカに小学校を作るジーンズ、震災で親を失った子供たちの学費になるジーンズ、りんごと同じ重さのジーンズ、ヒップがコンパクト見えるジーンズなど。

これからも、この先も、本当にいいジーンズを追求し続けてゆきます。

Ⅲ、私たちは農家です

工業製品といえども、もの作りとは農業と同じ。

私たちは、ジーンズという作物を栽培するファーマー(農家)です。
農家が土作りからこだわるように、私たちは工場に通い、
毎日コンタクトし、生産ラインに流し、品質を維持管理して、収穫します。

私たちが購入して工場に投入したミシンや機材はすでに50台を超えるほどで、
普通のブランドではあり得ないレベルで、
工場さんと二人三脚でもの作りをしています。

私たちは米作りの農家ですから、
スーパーマーケットのように
小物や靴まで揃えたフルアイテムのブランドではありません。

私たちは、サキュウをおいしい料理(コーディネート)にして、
素敵な空間とサービスでお客様に提供するショップだけに、
手塩にかけて育てたサキュウをお届けしています。

Ⅳ、ジーンズ作りは特殊技能

焼いた後で300gにするのが、ジーンズ作り。

「300gステーキ」とは、焼く前の重さでしょうか? 焼いた後でしょうか? 正解は「焼く前」です。

肉は焼くと縮んで、脂が溶けて300gじゃなくなるのは誰でも知っていますし、
それに文句を言う人はいません。

もし焼いた後で300gに揃えようとして310gで切っても、それぞれ肉質も脂の量も異なるし、焼き方も様々ですから、全てのステーキが300gに揃うはずがありません。

では、「ジーンズの股下80cm」は焼く(洗う)前? 後? これは当然、ステーキとは逆に「洗った後」です。

コットンも農作物なので品質は一定ではないので、
生地ごとに縮みも異なり、縫えは伸び、洗えば縮みます。
焼き方(洗い加工)もレア(ワンウォッシュ)〜ウェルダム
(ヘビーユーズド)まで多種多様です。

にも関わらず、ちゃんと表記通りになっているジーンズってすごいと思いませんか?
寸法ひとつとってもこうですから、ジーンズ作りはあらゆる局面で専門知識が必要なのです。

∴サキュウの社会貢献

1着ごとに500円を、生産地への社会貢献を続ける”フレンドシップデニム”アフリカに小学校4校をはじめ、様々な産地貢献を行っています。これまでの寄付金合計:¥19,238,698
コットン産地の西アフリカ・ブルキナファソと、
縫製・加工を行う東北の子供たちの教育に訳立てています。
 2010年、私たちはブルキナコットンと出会いました。
 野生種に近く、ドライタッチでふんわり柔らかい独特の風合いに惚れ込みました。
西アフリカのガーナとサハラ砂漠に挟まれた内陸に位置するこの国は、
人々はとても人なつっこく、子供たちの笑顔で溢れた平和な国です。

にも関わらず、5人のうち2人が5才まで生きられず、
砂漠化が進んで作物の収穫が減少しているなど、
WHOの世界最貧国の一つとされるほど過酷な生活環境であることを知りました。

戦争とは無縁の平和さゆえの因果でしょうか、
難民や流血のない国への支援は「メディア映え」が
大事な大企業やセレブ達の興味を引かず、
天然資源も乏しく権益狙いの各国のODAも充分でなく、
支援が集まりにくい国です。

長年コットンに関わってきた私たちは、
この平和で過酷な国に何かできないかと考え、一着あたり500円の寄付金を価格に含めて、
お買い上げのお客様全員で支援する「フレンドシップ デニム」を2010年からスタートしました。 

2011年以降は、縫製と加工を東北で行っていた関係で、
東北とブルキナファソに半分ずつ振り分け、
国内と海外の2つの生産地を支援する形になっています。
以来、2017年までに1900万円を超える寄付をすることができました。
それもこれも、お買い上げのお客様のご理解があってこそ続いている事です。
今後とも、ご理解の程、何卒よろしくお願い申しあげます。