税込7,700円以上で送料無料!新作商品入荷中!

 

播州織ブランド「tamaki niime」



えふり堂がご紹介するセレクトブランド
日本を代表する綿織物である播州織のブランド
「tamaki niime」さんをご紹介します

■ブランド紹介
自らの手で織機を使い、自分自身で織り上げ、
思い描く一枚を作りデザイナーの玉木新雌さんが
播州織の産地、兵庫県西脇に移り住み、
自らの手で織機を使い、自分自身で織り上げ、
思い描く一枚を上げました。
播州織は、兵庫県の北播磨で
生産されている綿織物。
寛政4年(1792年)に遡るほど長い歴史があり、
先に糸を染めて、多彩な柄に
織り上げる先染織物が特徴です。
糸は織れる限界までゆるく、
織機のスピードはぎりぎりまで低速で行います。
手織りのように丁寧に織り上げられる生地は、
ふんわりと柔らかく仕上がります。
織り上げられると一枚ずつ縫製し、
洗いをかけて天日に干し、
最後まで人の手をかけていきます。
仕上がりはまるで赤ちゃんの肌のように
ふっくらやさしく、 洗っても
風合いをそこなうことなく、
ずっと気兼ねなく、気持ちよく、
お手入れが簡単なことにも
こだわってつくられています。
色にあふれる、年齢も性別も選ばない、
ショールやウェアを提案しています。


■商品の特徴
tamaki niimeの原点と言えるroots shawl。
その特徴は、他では体験できないような
柔らかさと色のバリエーションにあります。
ウールショールはウール独特の暖かさを持ち、
さらに通常の織物ではあり得ないほど
ゆるく織り上げられているため、
チクチクを感じにくい肌触りの良さと
柔らかさを実現しています。
二重織で織られていて
表と裏の柄や色が異なるため、
巻き方ひとつで、同じショールとは思えないほど
いろいろな表情をみせます。
1980年代の織機でゆっくりと織ることで、
空気を含み、今の大量生産向けの
高速の織機では再現が難しい、
ふわっとしたショールができあがります。
自社で糸の染色も行うことで
微妙な色や柄を出すことができ、
さらに多様な色の組み合わせが
可能となっています。


■締めくくり
tamaki niimeさんのものづくりには
本当にたくさんのこだわりが詰まっています。
少量生産の彩り豊かなもの、
唯一無二のもので溢れています。
私たちが提案するtamaki niimeさんの
『Only one』の商品で、皆様の日々の暮らしが
豊かになればと願っています。